ブース装飾事例

ブース検索
ブースイメージ
ブース番号 199600009 ブースサイズ 9m×6m以上
装飾価格 120~125万円 業種 IT・ソフトウェア
展示会会場 東京ビッグサイト 展示会名 会計・財務EXPO(総務・人事・経理Week 2019)
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
私の伝達力ポイント!
小間の大きさは横幅5.6m×奥行8.7m×高さ3.6mの三面開放というやや変形サイズのブースでした。

出展者様のサービスは経費清算システムで、こちらの展示会「会計・財務EXPO」にはぴったりの商材です。

従来の経費清算から比べ、清算にかかる時間が大幅に短縮され、領収書の提出や交通費の計算などの手間が減りペーパーレスになるなど、来場者へ向け訴求できるポイントが分かりやすいので、「伝達」できるブースとなりました。

ブース内で一番重要な看板は、ブース前方の縦型看板です。
大通りに面したこの看板は、出展社様の「表札」とも言うべき看板なので、製品そのものを表す言葉を入れるのが有効です。
ここでは「(ペーパーレス)経費精算システム」と入れています。
経費精算において、何か新しいソリューションはないかと探っている来場者にむけ、ここに経費精算システムがあると伝えることが大切です。

また、その他の看板には、製品の特長、利点なども表記します。
看板である程度の情報を与えることで、来場者はスタッフ様に相談いただかずとも、おおよその特長を理解できるため、忙しい展示会中のスタッフ様の労力を最小限に抑えることも期待でき効率的な営業が可能です。

ブース内のレイアウトとしては、製品がPCやモバイル端末を使用してのソリューションになるので、各スタッフ様が個別にお客様に説明・デモを行う展示台を各所に配した形となっています。
木村晋太郎
担当
木村 晋太郎プロフィールはこちら >

このブースを問合せる

ブース番号・展示会名・会場名・担当者名で
検索ができます