ブースは「伝達力」が命

オペレーション必勝法 ブースで待つ!?

2022.06.08

当社では過去に数回展示会に出展し、その際、多くの受注に繋げることができました。
このブログでは出展したからこそ分かる、展示会成功の秘訣をご紹介します。
初出展の方や、さらに集客を伸ばしたい方必見!
出展を成功させる秘訣とは!!
出展中は、声掛けせずに

ブースで待つことです!
本当に声掛けはいらないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実はノベルティを多く配ることや、とにかく名刺を多く獲得することは、受注には繋がらないのです。

来場者の目線は看板やブース内の商材にあります。
無理に声掛けすることで、看板や商材をじっくり見る時間を奪ってしまうことも…。
弊社の伝達力のある看板を信じて、お客様をどっしりと待ち構えましょう。
看板を見て立ち止まったり、チラシを手にする来場者=商材に興味を持っているということに繋がります。
商材に興味を持ったお客様と集中的に商談が出来るようになることで、少ないスタッフでも大きな成果が生まれます。
このように、待ち構えることで質の高いお客様が視覚化され、高い受注率に変換できるのです。
加えて、当社ではお客様を受注確率別に分けるということも行いました。
お客様の名刺をいただいたら受注確率を高・中・低など3段階ほどに分け、その場で備考を記し保管しておきます。
会期中は多忙の為、貰った名刺がどのような方だったか、分からなくなることがあります。
見込み客を視覚化して分けることで、会期後のアプローチも確率別に行うことができ、
少ないスタッフでも高い受注率に繋がっていくのです。
以上二点が、当社の展示会成功の秘訣です!
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
皆様の展示会出展がより良いものになるよう、スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。