ブース装飾事例

ブース検索
ブースイメージ
ブース番号 203300010 ブースサイズ 3m×3m以内
装飾価格 35〜40万円 業種 雑貨・アパレル・美容・スポーツ
展示会会場 東京ビッグサイト 展示会名 国際 インテリア雑貨EXPO(ライフスタイル Week 夏 2020)
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
私の伝達力ポイント!
ブースの大きさは幅3m×奥行2.7mで1つの通路が面している「1面開放」という小間位置です。
2020年9月に開催されたライフスタイルWeek内の「国際 インテリア雑貨EXPO」のブースです。
出展社様の商材は「挟むものを傷つけない柔らかい素材のクリップスタンド」と「湧き上がる思いを筆文字で伝える言葉」の2つです。メインの商材は「クリップスタンド」サブの商材は「筆文字で伝える言葉」なので通路から良く見える縦型看板で商材をアピールします。
縦型看板は通路を歩く来場者に「何を扱っているか」を訴求します。看板の文字は
・文字の大きさを最大限にとる
・頭上より高い位置に文字を配置する
ことで通路の遠目からや混雑時でも商材を一目で捉えることができ来場者に高い訴求効果を発揮します。
興味を持った来場者がブースの前に立てば上部の看板で「クリップスタンド」の導入メリットを、ブース奥の壁面には「筆文字で伝える言葉」導入メリットを表示しています。
・「何を扱っているか」
・「導入メリットは何か」
をしっかりと表示することにより
・ターゲットとしている来場者が来る
・商材メリットがわかるので話がスムーズに進む
・商材もわからないまま入ってきた来場者の接客をせずに済む
などの効果があり「効率的で質の良い集客」が可能になります。
写真をご覧いただくと周囲のブースは「何を扱っているか」が全く分からないと思います。展示会では「来場者に商材を見つけてもらうこと」が非常に重要になります。そのために当社では「看板にて積極的に商材をアピールする手法」をとっています。
コロナ禍の中で行われた展示会で入場規制もあり「集客はうまくいくだろうか?」と非常に心配していましたが、会期終了日にお客様にインタビューしたところ「予想していたよりかなり多くの集客があった」とのお声をいただき「良かった」と心底ほっとしました。

このブースを問合せる

ブース番号・展示会名・会場名・担当者名で
検索ができます