ブース装飾事例

ブース検索
ブースイメージ
ブース番号 216300009 ブースサイズ 6m×3m以内
装飾価格 50~55万円 業種 機械・装置・部品・素材
展示会会場 東京ビッグサイト 展示会名 施設リノベーション EXPO(住宅・ビル・施設 Week 2020)
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
私の伝達力ポイント!
ブースの大きさは幅6m×奥行2.7mで2つの通路が面している「2面開放」という小間位置です。
コロナ禍の中の2020年12月に開催された「施設リノベーションEXPO」のブースです。

お客様の商材は「後付式便座開閉ユニット」と「学習用スマホアームスタンド」でした。一見、共通性はありませんが「ヒンジ(蝶番)」で社会の問題を解決する企業です。
通路に面する縦型の看板には「後付式便座開閉ユニット」「学習用スマホアームスタンド」と表示し、来場者に出展商材をアピールします。看板を見て「自分に必要」と判断した来場者はブース前まで必ず足を運ぶので、上部の看板で商材の導入メリットを表示します。「使用場所」や「商材の特長」と共にイラストを使用することで、来場者により深い理解を促すことができます。

ブース奥の壁面には商材の使用方法などを表示した看板を掲示しています。A1のパネルより大きく表示できるので通路からも見やすく、掲示の効果は高くなります。

・「何を扱っているか」
・「導入メリットは何か」
をしっかりと表示することにより
・ターゲットとしている来場者が来る
・商材メリットがわかるので話がスムーズに進む
・商材もわからないまま入ってきた来場者の接客をせずに済む
などの効果があり「効率的で質の良い集客」が可能になります。

経済産業省と国際標準化機構(ISO)によると「展示会」の定義は「商品・サービス・情報などを展示、宣伝するためのイベント」となっています。この定義の通り、来場者も「商品・サービス・情報」を求めて展示会に来場します。お問合せで「ブランドイメージを前面に押し出したい」とご要望されるお客様がいらっしゃいますが、お薦めはしていません。展示会は「商品・サービス・情報などを展示、宣伝し商談する場」だからです。

このブースを問合せる

ブース番号・展示会名・会場名・担当者名で
検索ができます