ブース装飾事例

ブース検索
ブースイメージ
ブース番号 229600002 ブースサイズ 9m×6m以上
装飾価格 170~180万円 業種 機械・装置・部品・素材
展示会会場 東京ビッグサイト 展示会名 Convertech Japan(コンバーティングテクノロジー総合展 2022)
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • ブースイメージ
私の伝達力ポイント!
コンバーティングテクノロジー総合展2022内の<Convertech Japan>にご出展されたお客様の事例になります。本展示会は高さが4500mmまで利用できる珍しい展示会です。ブースの位置が外周に面していたことと、その外周の幅が6m程度だったため、上部看板も高さ上限4500mmまで掲げたレイアウトを採用しました。

出展企業の製品は大型の画像検査装置でした。こういった大型装置を複数展示する場合には、製品の置きやすさを考慮しがちですが、あくまで製品に優先度を付けてから配置しなければなりません。ブースの両角が明らかに来場者の目線を集める場所なので、この2箇所に最優先の装置を配置すべきです。そこから他の装置を後列に並べていきます。各装置には液晶ディスプレイがセットになるため、そのスペースを確保することも大切です。

大型装置を設置するにあたり、もう一つ注意しなければならないのは、ブース内の柱です。上部看板を支えるために数本の柱がブース内に落ちます。柱と装置は干渉しやすいため、いかに強度を確保しつつ、補強っぽくないように柱を見せるかが腕の見せ所です。

上部の大型看板は2段にして利用し、上段では企業名・企業メッセージを強く訴求しました。下段では各装置の名称と特長を表記し、来場者の理解を促します。各装置の詳細説明は、サインスタンドを利用し、A1サイズのパネルを設置することでカバーしました。
川島清史
担当
川島 清史プロフィールはこちら >

このブースを問合せる

ブース番号・展示会名・会場名・担当者名で
検索ができます